交通事故示談

トップページ > 「誠意」という名の落とし穴

交通事故示談 「誠意」という名の落とし穴

交通事故の被害者が示談する場合において、
加害者に対する誠意を求める姿勢が大きな障害となります。

感情的に加害者の誠意を求めたい気持ちは理解はできますが、
誠意というのは自発的に尽くすものであって、求めることは無意味なことです。
無理に求めて得られるものはもはや誠意でも何でもありません。

保険会社に対しても同様です。
保険会社はあくまで加害者の代理の立場。誠意をもって被害者に対応するのが当たり前。
確かに当たり前です。ですがその当たり前のことが出来ない相手にそれを求めても何も解決しません。

そうした無意味なことに神経を使うと、交通事故による苦痛に加えて過剰に心労を抱えることになります。
だからといってその心労分まで慰謝料の上積みを求めてもそれは無理というもの。
交通事故の慰謝料というのは、そうした諸々の部分も加味した上での慰謝料なのです。

現実的に請求困難な部分にこだわって、請求可能な部分には気付かず示談。
これが「誠意」にこだわった被害者の悲しい結末です。

実現困難な権利にこだわるより、実現可能な権利をしっかり見つめてください。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】