交通事故示談

トップページ > 警察は被害者の味方という誤解

交通事故示談 警察は被害者の味方という誤解

交通事故の被害者が示談する場合において、警察に過度に期待することは禁物です。

そもそも警察は被害者のために事故処理をするのではありません。
今後の事故防止を目的として、加害者に反省を促すための刑事と行政上の処分をするにすぎません。

被害者が加害者に求める賠償については民事の問題ですので警察は関与しません。
事故の処理をするのはあくまで将来の事故防止のためであって、
事故当事者のトラブル解決のためではないのです。

逆に警察官が民事のトラブルに余計な関与をすることがあります。
「あなたの過失は○割だ」などと、本来コメントする権利のないことを口にする警察官がたまにいます。
これによって当事者がこの判断に拘束されると思い込んでいる人が見受けられますが、
こうした警察官のコメントは明らかな越権行為であって全く効力のないものです。

このような部分を理解していないと示談交渉において無用のトラブルを生み出しますので注意が必要です。

とは言え、警察による実況見分の資料は民事の資料としても有用なものです。
警察の事情聴取で書き留められた内容は供述調書として民事の紛争解決にも使われます。

民事部分の判断をする権限は警察官にはありませんが、
その調査結果が民事の判断を大きく左右することは言うまでもありません。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】