交通事故示談

トップページ > 法律は被害者の味方という誤解

交通事故示談 法律は被害者の味方という誤解

交通事故の被害者が示談する場合において、
法律は被害者の味方ではありません。それを知る者の味方です。

「私は被害者なんだから何もしなくても法律で保護されるべきだ。」
なんて本気で信じていれば痛い目に遭います。
「法は権利の上に眠る者を保護しない。」と言います。

つまり法律で守られるべき権利を持っていても、それを知らず、その権利の正しい行使をしなければ、
法律のほうから被害者を助けるために歩いてくることはないということです。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】