交通事故示談

トップページ > 保険会社も理論武装は外注する

交通事故示談 保険会社も理論武装は外注する

交通事故の被害者が示談する場合において、撃沈させるべき敵は担当者だけではありません。

海千山千の保険会社の担当者でも、
必要に応じて援軍を要請し、自身で対応できない部分は外注によって補完します。

法律知識の部分においては顧問弁護士、医学的部分においては顧問医を必要に応じて活用するのです。

これは担当者が知識不足ということによるものというよりは、
専門家を投入することでその主張に権威を持たせるという狙いがあります。

弁護士が出てきて「法的に正しい」と言えば、素人である被害者は反論する意欲を失います。
顧問医が出てきて主治医の診断に疑問を投げかければ被害者は動揺します。

被害者自身を撃退するだけの効果に止まらず、弁護士は法的攻防の技術も持っていますので、
後に裁判になった場合でも裁判官の心証的には加害者有利になることも考えられますし、
顧問医が疑問を投げかければ、単なる一開業医や一勤務医にすぎない主治医は反論をやめるでしょう。

外注による理論武装は、そうした相乗効果も生み出します。

こうなった場合には被害者としても対抗すべく参謀を味方に付けないことには
戦いの舞台に上がることすら許されない状態になることでしょう。

一度外注を使った後は、保険会社側も経費を掛けている以上、今まで以上に本腰を入れて戦ってきます。
そうなるくらいであればはじめから参謀をつけて計画的に戦っていたほうが有利であったということになります。
自己流で引っ掻き回した後というのは専門家による修復が可能な部分が限定されてしまいます。
参謀を付けるのであれば、可能な限り早い段階のほうが有利であることは言うまでもありません。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】