交通事故示談

トップページ > 果たして独力で対抗できるのか

交通事故示談 果たして独力で対抗できるのか

交通事故の被害者が示談する場合において、
自分自身で対応して正当な金額を勝ち取れるかどうか、これについては人によります。

ネットや書籍で必要な知識を得ることは難しいことではありません。
ですがご自身のケースにおける的確な判断は、
結局のところネットや書籍で得られる一般論としての知識ではどうしても不足します。

事故の形態や怪我の内容、程度など、はっきり言って十人十色、百人百様、千差万別です。
全く同じ事故など存在しないと言っても良いでしょう。
私たちのような専門家が相談を受ける場合ですら
個別の事案に応じて必要な資料を調べたり新たな書籍を購入して対応しているのです。

よほど典型的な事故で、典型的な怪我で、調べるべきことすらほとんどないケースなら、
ネットや書籍による一般的な知識で対応可能なこともあるでしょうけれど、
実際にそうした典型的な条件ばかりの事故などそうあるものではありません。

そもそも典型的な事例であるのかどうかすら、
交通事故が始めてだという被害者にとっては判断が付かないのではないでしょうか。

少なくともご自身で対応できると確信できるような事案であれば、
こんなサイトを見る必要もなかったのではないかと思われます。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】