交通事故示談

トップページ > 後遺障害異議申立を検討

交通事故示談 後遺障害異議申立を検討

交通事故の被害者が主治医任せ・保険会社任せで後遺障害申請した場合において、
適切な後遺障害等級の認定が行われないことがあります。

この場合、ネットで得た情報を上辺だけ読んで誤解している人が多く見受けられますが、
異議申立書にどれだけ自覚症状を克明に記しても、何度も何度も異議申立をしたとしても、
それだけで希望する等級認定が受けられることはありません。

後遺障害認定は患者の自己申告に基づいて判断されるのでもなければ、
主治医のコメントに基づいて判断されるのでもありません。
あくまで医学的事実に基づいてのみ判断されるのです。

ですから異議申立をするには、以前の申立時にはなかった新たな医学的事実を付け加える必要があり、
それなしに何度異議申立をしたとしても、
調査事務所の認定員が根負けをして認定してくれるといったことはありません。

何度でも異議申立ができる、との情報を見て、
何度も異議申立をすればそのうち認められると解釈しているのは誤解なのです。


交通事故示談トップページへ


【PR】 交通事故情報局 むちうち被害者 弁護士費用特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 【PR】